私は心臓CT、MRI、FDG-PETをはじめとする心臓画像診断を専門とし大学で診療と研究を行い、海外・国内を問わず学会発表や論文執筆にいそしんできました。その一方で大学病院の外来診療では、下記のような患者さんの言葉を耳にしてきました。

・ちょっとした体や心の不安があっても話しを親身に聞いてもらえない
・画像検査がすぐにできない
・待ち時間が長い
・主治医がすぐ変わってしまう
・専門科でないと診てもらえない、たらい回しされる

当AIC八重洲クリニックはもともと画像検査専門センターであり、充実した画像検査機器と高品質の画像診断は他の施設を凌駕しています。昨今社会構造も大きく変わりつつある中で、患者さん側から医療に期待する内容も複雑・多岐にわたっています。完全予約制である当循環器外来では、高品質の画像診断と大学病院との強い連携を生かして、皆さまの多種多様な要望に応える大きな受け皿になりたいと思います。

当クリニック循環器内科のメリット

1.心エコー、冠動脈CT、心臓MRIでは高画質・高品質のレポートにより適切に診断が可能です。
2.当院には循環器画像診断の経験が豊富なレポート読影医師がそろっています。医師出身大学例:東京大学医学部他
3.完全予約制ですので大学病院・総合病院と比較して待ち時間が少ないです。
4.循環器だけではなく、風邪症状から広く内科一般の疾患に対応致します。


手塚大介 主要業績

欧文原著論文

  • 1. Tezuka D, Suzuki J, Kosuge H, Aoyama N, Izumi Y, Yoshikawa S, Maejima Y, Ashikaga T, Hirao K, Isobe M. Deteriorated clinical outcome in coronary artery disease patients with a high prevalence of Porphyromonas gingivalis infection. IJC Metabolic & Endocrine 2016;11:7-12
  • 2. Tezuka D, Terashima M, Kato Y, Toriihara A, Hirasawa K, Sasaoka T, Yoshikawa S, Maejima Y, Ashikaga T, Suzuki J, Hirao K, Isobe M. Clinical characteristics of definite or suspected isolated cardiac sarcoidosis: Application of cardiac magnetic resonance imaging and (18)F-fluoro-2-deoxyglucose positron-emission tomography/computerized tomography. J Card Fail. 2015 Apr;21(4):313-22.
  • 3. Tezuka D, Suzuki J, Isobe M. Oral appliances improve sleep quality in Japanese patients with obstructive sleep apnea. Immunol. Endocr. Metab. Agents Med. Chem. 2014;14;2:100-104
  • 4. Tezuka D, Suzuki J, Isobe M. An Oxygen therapy prevents ventricular arrhythmia in patients with diastolic heart failure and sleep apnea. J Sleep Disorders Ther 2014, 3:3.
  • 5. Tezuka D, Haraguchi G, Inagaki H, Isobe M. Progression of thrombogenesis in large coronary aneurysms during anticoagulant therapy in a Buerger's disease patient BMJ Case Rep 2013;009945
  • 6. Tezuka D, Haraguchi G, Ishihara T, Ohigashi H, Inagaki H, Suzuki J, Hirao K, Isobe M. Role of FDG PET-CT in Takayasu Arteritis: Sensitive detection of Recurrence J.Am.Coll.Cardiol.Img. 2012;5;422-429
  • 7. Suzuki J Tezuka D Morishita R Isobe M. An initial case of suppressed restenosis with nuclear factor-kappa B decoy transfection after percutaneous coronary intervention. J Gene Med. 2009;Jan;11(1):89-91

邦文原著論文

  • 1. 手塚大介、鈴木淳一、原口剛、川良徳広、松浦雅人、田村典子、稲垣裕、蜂谷仁、平尾見三、磯部光章: Continuous positive airway pressureを導入した連続61例における脱落例の臨床的背景 適応医学 2011;14;2:68-73
  • 2. 手塚大介、佐藤弘典、岸野充浩、稲葉理、吉川俊治、原口剛、木村茂樹、稲垣裕、蜂谷仁、平尾見三、磯部光章 奇異性脳塞栓で発症し3D-MDCTにて描出し得た肺動静脈瘻に対してコイル塞栓術を施行した1例について 心臓 2011年43巻6号766-771

邦文(総説)

  • 1. 手塚大介、磯部光章 心臓限局性サルコイドーシス―診断と治療の問題点 医学のあゆみ 2017;260:294-300
  • 2. 手塚大介、磯部光章 高安動脈炎 Heart View 2015;19;12:70-76
  • 3. 手塚大介、磯部光章:心筋症:心サルコイドーシス 日本内科学会雑誌 2014;103: 299-308
  • 4. 手塚大介、磯部光章:ノーベル賞と医学の進歩・発展 心臓カテーテル法の開発 最新医学2014;69;12:106-111
  • 5. 手塚大介 諏訪論文(心房細動、洞不全症候群と左室収縮障害をきたし、心臓MRIで診断したiron overload cardiomyopathyの1例)に対するEditorial Comment 心臓 ;2014;46;9;1304-1305
  • 6. 手塚大介、磯部光章:孤発性心臓サルコイドーシス 医学のあゆみ2013;247;2:183-188
  • 7. 手塚大介、磯部光章:高安動脈炎 リウマチ科2013;50(4):406-414
  • 8. 手塚大介、磯部光章:FDG-PETによる大動脈炎の診断および活動性評価 リウマチ科2012;48(5):555-561
  • 9. 手塚大介 高安病における画像診断のモダリティについて 医学のあゆみ 2010; 233:279-283

著書(分担)

  • 1. 手塚大介 高安動脈炎におけるバイオマーカーの探索・開発と診断薬・機器開発 365-368最先端バイオマーカーを用いた診断薬/診断装置開発と薬事対応 (株)技術情報協会 2015年
  • 2. 手塚大介、磯部光章 血管炎 血管診療テキスト p318-325 メディカ出版2015年
  • 3. 手塚大介、磯部光章 7心筋症について 385-387, 401-407心不全診療Q&A 第2版 中外医薬社 2015年
  • 4. 手塚大介、磯部光章;心臓サルコイドーシス - 病因論、診断基準、治療をめぐる問題点について p132-139 循環器レビュー&トピックス 医学書院 2014年3月
  • 5. 手塚大介、磯部光章;拡張型心筋症の場合 p191-197. CIRCULATION Up-to-Dateメディカ出版 2013.Vol9 増刊
  • 6. 手塚大介、磯部光章:Ⅱ循環器25.好酸球増多症候群、p1070-1072、ⅩⅠ膠原病・免疫・アレルギー 10. 大動脈炎症候群、 p1471-1473 臨床雑誌「内科」第109巻第6号別刷「知っておきたい内科症候群」、南江堂2012年
  • 7. 手塚大介 磯部光章 160エプレレノン 循環器治療薬ハンドブック北風政史 朝倉正規編中外医学社2010;738-741 他

発表

国際学会
  • 1. Tezuka D, Kosuge H, Kato Y, Hirasawa K, Isobe M. Sensitive detection of relapsing cases in Takayasu arteritis by 18F-fluorodeoxyglucose- positron emission tomography / computed tomography. ESC Congress 2016 8.29 Roma Italy
  • 2. Tezuka D, Terashima M, Haraguchi G, Isobe M. Impaired Myocardial Blood Flow is associated with Late Gadolinium Enhancement in Hypertrophic Cardiomyopathy. Perfusion Study on Magnetic Resonance Imaging- AHA scientific session. 2013 11.18 Dallas USA
  • 3. Tezuka D, Haraguchi G, Isobe M. High Standardized Uptake Value of 18F- Fluorodeoxyglucose-Positron Emission Tomography/Computed Tomography was correlated with Disease Activity Patients with Takayasu Arteritis. 15th International Vasculitis & ANCA Workshop UNC, North Carolina May15-18 2011
  • 4. Daisuke Tezuka, Go Haraguchi, Takashi Ishihara, Hirokazu Ohigashi, Masanori Konishi, Tetsuo Kamiishi, Mitsuaki Isobe. The Diagnostic Accuracy of 18F-Fluorodeoxyglucose-PET/CT for Detecting Inflammatory Lesions in Acute Phase of Takayasu Arteritis. ISHR 2010.5.14-15 Kyoto
  • 5. Daisuke Tezuka, Go Haraguchi, Takashi Ishihara, Hiroshi Inagaki, Shigeki Kimura, Shunji Yoshikawa, Kouji Higuchi, Mihoko Kawabata, Hitoshi Hachiya, Kenzo Hirao, Jun-ichi Suzuki, Mitsuaki Isobe High Standardized Uptake Value of 18F- Fluorodeoxyglucose-Positron Emission Tomography/Computed Tomography was correlated with Disease Activity in Patients with Takayasu Arteritis AHA Scientific session 2010 Nov13-17
  • 6. Tezuka D, Suzuki J, Inagaki H, Haraguchi G, Isobe M. Coronary CT scan has a favorable ability to evaluate the coronary lesion of Kawasaki disease. ? A comparison among CT, UCG and CAG Ninth International Kawasaki Disease Symposium. Taiwan 2008.4.11
国内学会(国内)
  • 1. 手塚大介、小菅寿徳、磯部光章 Isolated Cardiac Sarcoidosis: Clinical Diagnosis and Prognosis. 日本循環器学会総会シンポジウム 2016年3月18日
  • 2. 手塚大介、磯部光章 心臓限局性心サルコイドーシスの診断・治療について   2015年3月 第26回日本心エコー図学会 「Pseudo-Live Case Conference心サルコイドーシスの診断、治療をどうするか」小倉
  • 3. 手塚大介、磯部光章  「心臓サルコイドーシスの診断と治療」 Clinical Characteristics of Definite or Suspected Isolated Cardiac Sarcoidosis. 2015年4月 第79回日本循環器学会学術総会 ラウンドテーブルディスカッション 大阪
  • 4. Tezuka D, Terashima M, Haraguchi G, Isobe M. Reduction of myocardial blood flow is associated with late gadolinium enhancement in left ventricular hypertrophy: Cardiac magnetic resonance imaging. The 77th Annual Scientific Meeting of the Japan Circulation Society. Yokohama, Japan 2013.03.17
  • 5. Tezuka D, Isobe M. Diagnosis of Cardiac Sarcoidosis without Clinical Manifestation of Other Organs. 第76回日本循環器学会総会 福岡 2012.03.16
  • 6. Tezuka D, Haraguchi G, Ohigashi H, Takamura C, Konishi N, Isobe M. Can FDG-PET/CT Diagnose Cardiac Sarcoidosis? The 28th Annual Meeting of the International Society for Heart Research (ISHR) the Japanese Section 2011年12月1-2日東京
  • 7. Daisuke Tezuka, Go Haraguchi, Takashi Ishihara, Hirokazu Ohigashi Masanori Konishi Tetsuo Kamiishi, Mitsuaki Isobe. The Utility of 18F-luorodeoxyglucose-PET/CT for Determining Disease Activity of Takayasu Arteritis. 日本循環器学会総会 2010.3.5-7 京都

研究会

  • 1. 手塚大介、小菅寿徳、平澤憲祐、篠岡太郎、磯部光章 膠原病に伴う心筋障害と心臓MRI所見について 2015年7月4日 第一回心筋症研究会 東京
  • 2. 手塚大介 CT・MRIによる画像診断:心筋疾患・虚血性心疾患ー病診連携での新しい役割ー 2014年2月17日文京・小石川地区循環器治療セミナー
  • 3. 磯部 光章・手塚 大介FDG-PET/CT、心臓MRIで診断された心臓限局性心サルコイドーシスの臨床的特徴について 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)特発性心筋症に関する調査研究 2014年度 総会・研究報告 東京大学
  • 4. 手塚大介 中高齢者の健康増進のための睡眠時無呼吸症候群に対する簡易口腔内装具の開発 公益財団法人 ひと・健康・未来研究財団 第11回平成25年度助成研究発表会 2013年12月7日京都
  • 5. 手塚大介 重症心不全を伴う心サルコイドーシス症の診断・治療ー心臓限局心サ症の診断・治療についてー 2012年2月10日 第5回心血管フォーラム