帯状疱疹ワクチンとは

焼けるような皮膚の痛み…年齢を重ね免疫力が下がった方は要注意

 帯状疱疹は水痘(すいとう=水疱瘡(みずぼうそう))の原因ウイルスである水痘・帯状疱疹ウイルス(Varicella Zoster virus)による感染症です。 

 典型的には片側の胸から背中にかけて、帯状に赤い発疹がみられ、特にぴりぴりとした痛みを伴うのが特徴です。 急性期は抗ウイルス薬で治療することが必要ですが、腎機能の悪い方では減量が必要です。通常バルトレックスという薬を1週間ほど使用することになっています。後でご説明するようにウイルスそのものは消えないので、ウイルスの増殖を抑え炎症のピークを下げる働きです。

 心臓の痛みと勘違いして来院される方も多いので、皮膚所見の観察は重要です。

 この疾患で一番気をつけなければならないことは、赤い発疹はしばらくすると薄くなりますが、痛みが後に残る場合が多いです。この痛みを帯状疱疹後神経痛(PHN:Post herpetic neuralgia)といい、焼けるような耐え難い痛みで、場合によっては数年も残存し、加えて薬での疼痛コントロールが困難であることが多いのです。下着が擦れるだけでも痛く感じ、これは経験した方でないとわからないような苦しみです。

 帯状疱疹の原因ウイルスはみずぼうそうのウイルスと同じです。幼少期に水痘ウイルスに一度感染した後、このウイルスは体の神経内に潜伏していますが、年齢を重ねたり、免疫力が低下した場合などに再活性化され発症します。特に、50歳以上の方に多く発症することが知られています。

 このため発症してから治療をしても帯状疱疹後神経痛が残り、その後の日常生活で痛みを我慢しながら過ごすことになると生活の質(QOL)が低下しますので、予防が非常に重要です。

50歳以上の方は帯状疱疹ワクチンの予防接種をおすすめします

 厚労省はこのたび2016年に水痘ワクチンを帯状疱疹の予防として使用をしてもよい、という効能・適応の追加承認を行いました。
米国で行われたZOSTAVAXという臨床試験においては、プラセボと比べ50~59歳で69.8%の帯状疱疹発症に対する予防効果が認められています。

 一度帯状疱疹を発症しその後神経痛が残った中壮年から高齢者の方で、色んな薬を試しても治らず、年単位で疼痛が残存していることを私は見てきていますので、多くの方に接種をお願いしたい次第です。免疫力が低下する病気になってからは接種ができなくなる場合がありますので、元気なうちに接種をお勧めします。




帯状疱疹ワクチン 料金 (※自由診療になります)

 帯状疱疹ワクチン   6,998円(税抜価格6,480円)

※ 50歳以上の方が対象となります。
※ 免疫力が低下していると医師が判断した方は接種できないことがあります。
※ 帯状疱疹に最近かかった方は免疫がつきますので、
  一年以上空けてからの予防接種が推奨されます。
※ 最近一ヶ月以内に、他のワクチンを接種された方は、
  接種できない場合がございます。
※ 帯状疱疹ワクチンを接種すると、約一ヶ月間他のワクチンを接種できなくなります。
※ 予約制です。 ご予約はお電話にてご予約ください。
※ ご予約は接種希望日の7日前よりお受けしております。