リウマチ外来では

薬を使って、症状をやわらげ病気の進行を抑えると共に生活指導を行います。
関節リウマチに効果の高い薬が使えるようになり、治療が大きく進歩しました。

リウマチについて

関節リウマチ

関節リウマチは、おもに関節の内側にある滑膜に腫れや痛み、こわばりなどの炎症を起こし、それが続くと関節の変形をきたす病気です。
原因は、まだ完全には分かっていませんが、遺伝による体質にウイルスなどの刺激が加わって、免疫に異常が生じて起こる自己免疫疾患のひとつと考えられています。臓器障害やシェーグレン症候群や橋本病などの自己免疫疾患などの合併症をあわせ持つことも多く、そのことも考え合わせて治療する必要があります。