循環器内科は、心臓と血管(動脈と静脈)の疾患を専門に診療する内科です。

成人先天性心疾患

  1. ホーム >
  2. 循環器の主な疾患 >
  3. 成人先天性心疾患

成人先天性心疾患とは

生まれつき心臓や大動脈系等のかたちが正常とは違う病気をまとめて先天性心疾患といい、その多くは、新生児、乳児期あるいは小児期に見つかって治療を受けます。

近年の医療の進歩により、先天性心疾患を生まれ持った約90%の方が成人に達するようになりました。このように過去に手術された方や、手術を受けずに経過観察されている方が成人となっている場合、また成人になってから新たに生まれつきの心臓病をもっていると診断された方も含めて、成人先天性心疾患に罹患していると言います。多くの場合、幼少期に手術を受け何の問題もなく今後も心配の無い方もいますが、以前は将来問題ないと思われていた先天性心疾患が実は将来的に問題を起こしてくることがあるということがだんだん分かってきました。

他の成人心疾患と異なり、多くの場合は症状をなかなか自覚しない、もしくは慣れてしまっていることがあり、症状が悪化した時にはかなり病状が進んでいることも稀ではありません

1.主な対象疾患名

心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、房室中隔欠損症、部分肺静脈還流異常症、ファロー四徴症、両大血管右室起始症、大血管転位症、肺動脈狭窄・閉鎖症、総動脈幹症、総肺静脈還流異常症、三尖弁閉鎖症、単心室症、エプスタイン奇形、左心低形成症候群、修正大血管転位症、大動脈縮窄・離断症など

循環器内科 主な疾患循環器疾患(心臓疾患など)
呼吸器の主な疾患
アレルギーの主な疾患
甲状腺の主な疾患
リウマチの主な疾患

循環器内科 外来のご案内

自由診療のご案内

主な疾患

循環器内科で行う検査

クリニック案内

  • #
  • #