気管支喘息

気管支喘息とは

気管支喘息とは、気管支(気道とも言います)の粘膜に慢性的に炎症が起きる結果、気管支の内腔が狭くなり、気管支が様々な刺激に対して過敏になる結果、咳や痰、呼吸困難などの症状が急に起き、繰り返す病気です。誘因・原因は様々ですが、わが国で最も多いのは、抗原となるタンパク質(アレルゲン)を吸入することで気管支にアレルギー・免疫反応が生じて発症するタイプです。この他に、運動や特定の薬剤を服用することで同様の症状を引き起こすことあがり、それぞれ運動誘発喘息、アスピリン喘息と呼ばれています。

1.気管支にアレルギー・免疫反応が生じて発症するタイプの気管支喘息

私たちの身体は空気中の様々な物質を常に吸いこんでいます。多くの場合には、身体は免疫反応をおこさずにこれらをうまく処理しています。一方で、家ダニやカビ、スギなどの花粉、イヌやネコのフケなどに含まれるタンパク質は、身体に免疫反応を引き起こさせる性質をもっています。これらのタンパク質は鼻粘膜や気管支粘膜に分布している抗原呈示細胞に取り込まれて細かい断片に砕かれ、その細胞膜の表面にあるアンテナに呈示されます。するとそれを見つけたリンパ球などの細胞が血液の中から出て次々と粘膜組織にやって来て刺激され、活性化されてゆきます。

リンパ球は形質細胞という細胞を刺激して、認識したタンパク質の分子に対する抗体(IgE抗体)を産生します。作られたIgE抗体は、肥満細胞や好塩基球という細胞の膜表面に出ている受容体に結合します。この状態を、そのアレルゲンに「感作された」状態であると表現します。
感作が成立した状態で私たちが再び同じアレルゲンを吸い込むと、そのアレルゲンタンパク分子がIgE抗体に結合することで肥満細胞や好塩基球が刺激され、ヒスタミン、ロイコトリエンなどの物質を放出する結果、気管支が急に収縮したり、浮腫みを引き起こすことで気管支が狭くなり、実際の症状として、患者さんは空気が通りにくい感じ、特に息が吐きにくい感じを覚えるようになります。
これらの活性化された細胞はさらに、好酸球などの様々な細胞を刺激し、様々な物質が産生されて気道の炎症が続き、悪化してゆきます。気管支の表面を覆う上皮細胞のバリアの一部が破壊されてその下の組織がむき出しになるので、気管支はタバコの煙などの刺激に敏感になり、ちょっとしたことで咳や痰が誘発されたり、気管支が収縮するようになってゆきます。これを「気道過敏性」と呼び、喘息に特徴的な現象とされています。

2.治療をしても元に戻らない場合があることに十分注意

気管支喘息=気道の慢性炎症は、以前は可逆性、即ち治療で元に戻るものと考えられていました。しかし研究が進歩するとともに、ある程度炎症が持続してしまうと粘膜が厚くなり、元に戻らなくなることがわかりました。慢性的に空気の通過制限が生じているために、治療の効果が不十分になりやすく、日常生活にも支障をきたしやすくなってしまいます。

循環器内科 主な疾患循環器疾患(心臓疾患など)
呼吸器の主な疾患
アレルギーの主な疾患
甲状腺の主な疾患
リウマチの主な疾患

循環器内科 外来のご案内

自由診療のご案内

主な疾患

循環器内科で行う検査

クリニック案内

  • Facebook AIC八重洲クリニック
  • 循環器内科専門医のブログ